リカーブボウ  リカーブリム  MK Korea Vera

 MK ArcheryのウッドコアカーボンリムのVERAです。MK Archeryは元SAMICKの技術者が立ち上げた新興会社ですが、歴史が浅いのにもかかわらず、このメーカーのリムを使用した選手が世界記録を更新するなど、性能と製品品質には信頼できるものがあるようです。かつて、ウッドコアカーボンリムといえば、SAMICKのMASTERSがその代名詞であり、最高の競技用リムとして定評を欲しいままにしていたところがありましたが、近年のSAMICK製品は、その凋落には寂しいものを感じます。

 現在は、改良型のVERAⅡが発売されたため、このVERAはカタログ落ちしたようです。色使いの派手なデザインですが、印刷の向きがアッパーとロワーで逆になっており、組み立てた状態で同じ向きになるようになっています。

 にぎやかなデザインですが、デザインとしては二代目だったのではないでしょうか。

 フェイズ側デザインです。最近のリムデザインは、表と裏で大きくデザインを変えたものが多くなっていますが、これは色使いが若干おとなしくなった程度で、バック側と似たデザインになっています。


 リムのバット部表面は、近年流行のカーボン地模様を付けることもなく、旧来からの一般的な補強板のようです。デタントピン固定ねじは、ヘックスレンチで締めるようになっていて、このへんにメーカーのオリジナリティが感じられます。

 リムチップ部のデザインも、旧来からの構造を踏襲しており、凝った形状や補強部をリム表面と同色するなどの細工はしていません。


 バット部の構造も一般的な積層構造をしていて、SAMICK製品のような樹脂を積層する構造は採っていません。

 VERAは、2層のウッドコアを中心として、表、裏とも単方向カーボンの上にマルチレイヤーカーボンを張り合わせた6層構造になっています。改良型のVERAⅡでも基本構造は変わらず、リカーブ部形状の変更と軽量化が行われているようです。


 付属するリムケースです。生地は厚い素材ですが、全体的にHOYTのものより軟らかめです。